GANTZ:O

以前にブログで書いた”末っ子・妹”の成長ぶりについて… 昨年公開された、彼女が携わった映画を劇場で観ることができず レンタル開始を待っていましたが 先日、ついにレンタルが開始されて…観ました!! (DVD買わないんかーい) この映画の原作の漫画を一度も読んだことはなかったのですが 噂によると、戦いのシーンなどで過激な描写があるらしく 「全編を観るのはちょっと…」 と思い、ズルしてエンドクレジットだけ観ようと思ってたのですが 始まって最初の10分を観たところで面白くなってしまい 結局最後まで観てしまいました(笑) そして、いよいよエンドクレジットになり ドキドキしながらたくさん流れてくる名前の中から 妹の名前を見つけた時には、 おやおや… おかしいぞ(-。-; 目頭が… おやおや… かろうじて号泣は免れましたが 妹の名前の部分まで何度か戻しては観るという 親バカならぬ、姉バカぶりを発揮してしまいました(笑) 妹も頑張ってるし みんなも頑張ってる。 私も負けていられない… もっともっとたくさんのHappyな結婚式を創らなくては!! 次回のブログはまじめに、 結婚式について書きたいと思います。 #2017 #happy #ウェディング #THECAMPBOOK #カップル募集中 #WEDDING #自由な結婚式 #AmarilloIvy

星降る夜のウェディング

2年前から年に1回、生田緑地で結婚式のお手伝いをしています。 生田緑地や多摩区役所などたくさんの方々のご協力をいただきながら 公園ウェディングを希望してくれる新郎新婦を募集して そこから結婚式を創っていきます。 この生田緑地での結婚式の始まりは… 3年前の冬。 昔から夢だった”公園で結婚式”を実現させたくて アポなしで生田緑地の整備事務所にお邪魔をして 快く対応してくださった事務所の方に(今もウェディングの担当をしていただいてます) 「ここで結婚式がしたいんです!」 「あなたがするの?」 「いいえ、これから新郎新婦を探します!!」と 破天荒な提案をしたのが始まりでした。 幸運なことに、この提案を生田緑地の担当者さんに気に入っていただき 区役所など関係各所にお話をしてくださったおかげで 2015年9月に、川崎市では初めてとなる公園での結婚式 ”トワイライト ウェディング”が行われました。 実は最初の提案書に書いた結婚式の題名は… 「星降る夜のウェディング」 緑に囲まれた公園に裸電球をたくさん灯した、キラキラした空間を 私が最初にイメージしたからです。 公園での結婚式ができることになり… 挙式の時間が夕方に決まってから、担当者さんたちとの会議で 「この時間は…星は降らないよ…」ということになり(笑) 新たにつけた題名がトワイライト ウェディングでした。 それから2年が経ち、今年も生田緑地での結婚式ができることに決定しました。 もちろん、新郎新婦も募集します! 今年の結婚式は9月ではなく、6/24・夏至です。 1年で一番長い日を幸せいっぱいに過ごしていただきたい… そんな想いが込めら

2020 Amarillo Ivy allrightreserved

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram